コンドロイチンとは?

コンドロイチンとはひとを含む動物の体内に存在するムコ多糖類の一種で、軟骨を構成する重要な成分だそうです。

コンドロイチンは軟骨の再生を促し、低下した関節の機能を高める効果があり、年齢とともにコンドロイチンの量は減少していくそうです。

コンドロイチンはネバネバした食べ物に多く入っているそうで、オクラや納豆、山芋、動物性の食品ではフカヒレやうなぎです。

なかなか普段の食事だけでは摂れにくいのでサプリメントで補給するといいです。
コンドロイチン単体で飲んでも効果ありますが、グルコサミンと同時に摂取することで相乗効果を発揮することがわかっているそうです。

コンドロイチンは関節痛の改善のほかに乾燥肌、ドライアイの改善、健康増進効果もあるそうです。
コンドロイチンにはカルシウムの働きを助ける役割や、コレステロールの増加を防ぐ役割もあるそうです。

コンドロイチンってあんまり知らなかったけれど乾燥肌、ドライアイにもいいのなら、30代、40代の方にも必要なものなのですね。