受験という新たな目標が出来て何とか立ち直りました

私が彼と付き合うようになったのは、私が高校3年生、彼が大学2年生の時でした。友達のお兄さんの知り合いでした。

そのうち、私自身と言うより、どうやら、友達とそのお兄さんが私の気持ちに気が付いたようで、4人でドライブなど外で遊ぶようになりました。ちょっととヘンですが、友達はいつも自分のお兄さんと一緒に歩き、私が彼と話が出来るようにしてくれました。

優しく、大人っぽい彼に私が恋に落ちたのは簡単な事でした。

彼も、初めは「高校生かぁ。制服の子を見るとドキドキする」などと照れていましたが、段々と恋人らしくなっていきました。

彼は年下(と言っても2歳ですが)にとても優しくしてくれました。

でも、私は頼りがいのある彼に甘え過ぎてしまったようです。

ある日、彼から「可愛いのだけど、妹にしか見えなくて・・・」と言われてしまいました。

フラれたことはわかりましたが、心がなかなか納得できず、でも、彼に連絡を取る勇気などなく、混乱して気が狂いそうでした。

それは6月頃のことでしたが、大学の受験勉強も手に付かず、授業中も教科書を見ていると涙が出そうになります。

友達は「別れちゃったんだね」とだけ言いました。彼が、自分がフッたようには話していないのでしょう。その優しさも却って私を悲しくさせました。

友達に何もかも話すことが出来なくなったからです。

彼に「やり直そう」と迫る程私は強くはありませんでした。

1か月位は毎晩泣きました。彼の傍にいることも、彼に抱きしめてもらうことも、もう二度とないのだと思うと大声を上げたくもなりました。

しかし8月、9月になると、模擬試験や夏期講習と、受験勉強の日程がどんどん詰まってきて、その結果を見て段々と現実に戻っていきました。

彼とのことを考えて泣いていた間に、私の成績はみんなにどんどん追い抜かれていたのです。彼と付き合っていた頃は志望校に合格出来そうだったのに、そんなレベルからは遠ざかっていました。

今自分がすることは受験勉強だ、志望校に合格するんだ!と新たな目標が出来たのは幸いでした。

彼とのことを何とか甘い思い出として胸にしまえるようになり、私は受験勉強のお陰で立ち直ることが出来ました。

もし、あの時、高校1年生や2年生だったらと思うと、いつまで彼との初恋を引きずってしまったのだろうとゾッとします。