1
11月

失恋からの立ち直り方

私が最も辛い失恋を経験したのは20代半ばのころでした。当時2年程付き合っていた彼女がおり、結婚も考えていました。ところが私の転職や将来性を理由に別れる事になってしまいました。当時本当に大好きな彼女だった為非常に辛く、なかなか立ち直れませんでした。

特にに家でじっとしている事が出来ず、用も無いのに外出をしたり、合コンに行ったり風俗にも行ったりしました。ところが心が満たされる事はなく結局一番支えてくれたのが親友でした。親友は私を心配し定期的に遊びに誘ってくれました。親友と女遊びをする事はありませんでしたが、私の性格を知り尽くしているので、毎回的確な言葉を掛けてくれ励ましてくれました。もちろんそれでも辛い時はありましたが、徐々に傷も癒えていきました。時間が解決するというやつですね。

今まで何回か失恋は経験しましたが、一発で傷が癒える様な方法等無く、やはり最も身近な友人の言葉、時間が最も効果的な方法だと思います。真剣に付き合えば付き合う程失恋した時の傷も深くなりますよね。ですが失恋を経験して人が成長していく事も確かで、必要な経験であるとも思います。もちろん私はもう経験したくはありませんが。。今失恋の辛さを経験している方々に軽々しくかけられる言葉はありませんが、自分の性格を知り尽くしている友人と話すのが良いと思います。

得に幼なじみや中学校からの友人など、学生時代の恋愛をお互い知っているような友人がベストですね。確実に良い言葉をかけてくれるはずです。飲みに行って恥じらい無く話せると尚効果的かと思います。すぐに次の相手に走る事や風俗に行く等は後々みじめになるだけですので男性の方はやめましょう。楽しい時があれば辛い時もある、これが人生です。幸せを掴む為に日々頑張っていきましょう。

1
11月

失恋と引き換えに大切なパートナーを得ることができました

私が失恋をしたのは社会人2年目のときでした。学生時代から付き合っていた当時の彼に、もう好きでも嫌いでもなくなったとフラれたときは本当につらかったです。食事ものどを通らず1か月で3キロ以上体重が減ってしまいました。不健康に痩せたので友人や両親からとても心配されました。何をしてても楽しくなくて、誰とも会いたくなくて毎日なんとか会社にだけは通っているといった感じでした。

そんな生活がなんと3か月近く続いたのです。私は結婚願望が強く、絶対にそのときの彼氏と25歳までに結婚したいと考えていたのも落ち込んだ理由だと思います。友人からはまだまだ20代前半なんだから出会いはたくさんありと励まされましたが、合コンに参加しても全くピンと来る人がいなくて、余計に落ち込む日々でした。

そんな時に友人が犬を飼うことになりました。友人も私も一人暮らしをしていて、よくお互いの家を行ったり来たりしていたのですが、私がそんな状態だったので別れてから疎遠になっていました。友人からかわいい犬を飼うことになったから遊びにおいで、と誘われて行ってみることにしました。

友人が飼うことになった犬はロングコートチワワの雌でした。本当にかわいくてその日は犬と一緒にいたくて友人の家に泊まることになったくらいです。それからちょくちょく友人の家に犬と遊びに行きました。自分も犬を飼いたいな、と思っていた矢先に友人から犬を預かることになりました。1日だけだったのですが、散歩したりカフェに行ったり本当に楽しかったのです。そこで自分も犬を飼おうと決心することになりました。

私の犬はトイプードルとマルチーズのミックスです。本当にかわいくていつも私のことを求めてくれる犬のおかげですっかり失恋から立ち直っていました。